台風21号の影響による電話・FAX不通について

只今、台風21号の影響により、電話・FAXが不通となっております。
(お問い合わせはメール又は090-2359-6722迄お願いいたします。)
大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

現時点では電話・FAXの復旧の見通しが立っておりませんので、お問い合わせへの対応が遅れますことご了承ください。

今後の復旧状態に関しましては当ブログにてお知らせいたしますので、ご確認お願いいたします。

【雨の日】滑りやすい道や床のヒヤリ・ハット! 対策は?

2018/08/08 10:46 ウェザーニュース

雨の日は危険が潜んでいます。大きな事故が起きない限りニュースになりませんが、その一歩手前の「ヒヤリ・ハット」を経験した人は少なくありません。

東京都は2015年1月、都内在住の15歳以上の男女3000人にアンケート調査を行い、雨の日のヒヤリ・ハット体験を聞きました。その結果は……。

半数近くが転んだり転びそうになった

調査の一つが、雨の日の履物(足元)のヒヤリ・ハットや危害の経験でした。回答した3000人のうち1317人(43.9%)が「ある」と答え、滑って転んだり、大半が「転びそうになった」というトラブルでした。

実例を見ます。

「小雨が降ってきたので小走りで建物に入ろうとしたら、タイルが滑る素材だったため転んで尻餅をついた」(33歳・男性)

「大雨時、歩道と車道の境目の斜めになっている部分で足を滑らせ、車道に飛び込んでしまった。危機一髪で歩道に戻れたが、危なかった」(19歳・女性)

濡れた階段は要注意

box1

雨の日は階段も要注意。階段で滑ると大ケガをしかねません。

「雨が降った夕方、急いでいたのでエレベーターを待てず階段をパンプスで降りていたら、滑って階段から落ちた。床に突っ伏したまま起き上がれずにいたら、エレベーターから降りた社員に発見され、おんぶで目の前の病院に直行。足首が折れていた」(54歳・女性)

「陸橋の階段を降りていたとき、濡れたステップを踏み外して落っこちそうになり、手すりにつかまり踏みとどまったが、とても恐怖を感じた」(65歳・女性)

駅のホームや屋内廊下も危ない

「マンションの廊下で滑って頭をコンクリートの角にぶつけて三針縫うケガをして救急車で運ばれた」(64歳・男性)

「駅のホームの視覚障害者用ブロックが雨で濡れていて、電車に乗ろうと走ったとき、滑ってスライディングのような形で転んだ。足腰をうち、さらに顔をすりむいて、翌日全身あざで整形外科に行き、3ヵ月通院した」(50歳・女性)

底が平らな革靴は雨の日に滑る危険があります。雨の日は、滑りにくい溝が掘ってある雨靴(レインシューズ)が向いていますが、「どの靴も滑り止めを靴修理屋さんに付けてもらっています」という回答もありました。

滑らないための対策は?

雨の日に滑らないための対策をウォーキング指導士の平山貞一さんに聞きました。

「滑りやすいパンプスや革靴を避けて、レインシューズを履くことが有効です。また、ゴルフシューズを履くというアイディアもあります。ゴルフシューズは一応防水にもなっているし、靴の裏は滑りにくいように突起が出ています」

止むを得ずパンプス・革靴を履いている場合は、「靴の底(パンプスはつま先の1箇所、革靴はつま先とかかとの2箇所)に絆創膏を貼ると、多少グリップ力を補えます。ただし、あくまでも応急処置的な方法なので長持ちはしません」

なお、歩き方についても平山さんはこうアドバイスします。

「重心は少し前寄りで靴裏全体のちょうど真ん中あたりに置きましょう。歩幅は狭くして、足裏全体で着地すると滑りにくくなります。視線は下向きに、路面の状況を確認しながら歩きましょう。歩きスマホはもってのほかです」

もちろん、時間に余裕を持ったスケジュールを心がけるのも忘れずに。滑りやすい雨の日に悲劇を招かないよう、ぜひ試してください。

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性
弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/
弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。 滑りやすい床材でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622 FAX 0725-40-3623 mail info@t-ground.co.jp

雪道で滑る前に教えてくれる? 東大が発明

エコノミックニュース

2016年01月30日 19:04

記録的な寒波の来襲で、普段は積雪に慣れていない西日本や都心では歩行中に滑って転ぶ人が続出した。雪が降るたびに歩き方のコツがしきりにテレビなどで繰り返されるが、それでも転ぶ時は転んでしまう。原因は、靴の底が滑るからだ。「滑るぞ!」と警告してくれる靴があったらどんなにましだろう。そんな可能性を東京大学の研究グループが示してくれた。

「接触面の静止摩擦係数を検出するマイクロ触覚センサ」の開発に成功したという。難しい理論はさておき、結論としては、押し付けるだけで物体の静止摩擦係数を計測できるマイクロ触覚センサの開発に成功したのだという。そして、「本技術により、靴裏と床との滑りやすさを検出して警告する靴や路面の滑りやすさを警告するタイヤの実現、ロボットの転倒防止などにつながることが期待されます」と自信満々にコメントしている。

これまでの触覚センサでは、滑ってからでなければ静止摩擦係数を計測することができなかったが、新開発のマイクロ触覚センサでは、滑らせなくとも物体に押し付けるだけでその静止摩擦係数を計測できる。例えば、靴裏やタイヤ、ロボットの足裏に取り付けることで、接地面を滑らせなくても、路面の滑りやすさを計測して警告してくれるとしている。

研究グループでは、その理論を次のように解説する。「濡れた風呂の床の上を素足で歩くと、足は滑っていないにもかかわらず、滑りそうだと感じることがある。これは、足裏の一部分だけがわずかに滑る感覚を敏感に知覚して、床面の静止摩擦係数の違いを検出していると考えられる」。そして、その延長線上として、物体にものを押し付けるだけで静止摩擦係数を計測するセンサを開発したという。

研究グループによると、これまでも床面との接触力や滑りを計測するための触覚センサはあったが、それらのセンサでは実際に足裏が滑り出さなければ摩擦係数を計測することが困難だった。しかし、「本研究では、高いピエゾ抵抗効果を持ち、高感度にひずみを検出することが可能なn+型シリコンをゴム材料中の複数点に配置することにより、物体に押し付けただけでその表面の静止摩擦係数を検出することが可能なマイクロ触覚センサを実現した」のだという。

滑った後に教えてくれるより、着地した時に教えてくれたほうがよいのはあたりまえだが、今度は「次のステップで転びますよ」という警告を与えてくれるセンサが欲しくなってしまう。(編集担当:城西泰)

 

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性
弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/
弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。 滑りやすい床材でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622 FAX 0725-40-3623 mail info@t-ground.co.jp

室内の転倒事故対策 「朝夕」「スリッパ」気をつけて

住まいの処方銭 2015.07.16

 「転んで救急車で運ばれる人、多いですよ」と都内に勤務する看護師のMさんが話す。介護が必要となったきっかけのうち、約12%が骨折・転倒。脳卒中や認知症、高齢による衰弱に続いて第4位(厚生労働省、2013年)。多いのが室内での事故。親や自分のためにも気を配りたい。

 <照明>骨折は「朝」や「夕方」に多い。起きがけに「身体が動きづらい」「夕方になると目が見えづらい」のは年齢問わずあること。そこで、人の動きを感知するセンサーつきライトを用いたい。ホームセンターやインターネット通販で1000円台から。

 <床材>フローリングは滑りやすいが、畳やじゅうたんでも転ぶ。畳は目に沿って足が滑る。じゅうたんではわずかな編み目のつまづきだ。フローリングでは、敷物と床との間に100円ショップで販売されているような滑り止めを用いる。畳は、目と直角に生活するよう、家具の配置や座る場所を考える。じゅうたんは毛が飛び出ていたらこまめにはさみでカットしたい。

 <風呂場や脱衣所>リンスやせっけんカスが床に残り、お風呂から上がる際に滑る。浴室から上がる際には、床下に水を流すクセをつける。脱衣所も濡れた身体から水滴が落ちて滑りやすい。浴室内で身体を拭く習慣を。マットと床との間に滑り止めを置きたい。

 <スリッパ、つっかけ>

 脱ぐ際に転びやすい。用いないのが一番だ。外ではかかとのある靴、室内では裸足か、滑り止めのついた靴下を用いる。

 <床の上の荷物>

 電源コードや雑誌、新聞など。床に置いてあるものにつまづいてしまう。「手に物を持っていて床の上が見えなかった」、「夕方に床の上の透明なスーパーの袋が見えづらく、踏んで滑った」という話もある。日頃から床にはモノを置かない。

 ただし、電源コードを束ねたり、床に釘などで固定したりすると、火災の原因になることも。伸ばして壁側に這わせたい。その際、家具の下敷きにならないよう、注意。

 なお、先のMさんによると、太ももの骨折が多いという。日頃から鍛えるのも大切だ。 (不動産・住生活ライター 高田七穂)

こぼれた汁にすべった客が転倒。訴えられた事案ってある?

Q.

客がこぼした汁を別の客が踏み、ツルっと滑って転倒し、ケガをしてしまいました。怒った客が、汁をこぼした相手ではなく、「管理が行き届いていない」として店舗側を訴えました。

そんな裁判ってあったでしょうか?

(1)ある (2)ない

A.

正解(1)ある

設問のような事案、実はあります。しかも一審では解決せずに、高等裁判所まで争われました(東京高判昭和63年9月28日)。  こぼされた汁ですべった場合、直接的にはこぼした相手に対して損害賠償請求などが可能です(民法の不法行為責任に基づく損害賠償請求 709条参照)。ところが、店舗自体の管理責任を追及する手法もあります(基本的には民法709条を経由して不法行為責任を追及します。場合によっては土地工作物責任を追及します 民法717条)。

さて、気になる裁判の結果ですが、「床が常に滑りやすくなっているわけではない」「従来転倒事故がなかったこと」「転倒しても重大な結果が生じることは予想し得なかった」などの理由から食堂側の責任はなかったとされました。

イグ・ノーベル賞の馬渕教授「滑りやすさは世界共通」

2014年11月1日18時40分  スポーツ報知

 バナナの皮を踏んだ時の滑りやすさを解明し、ユーモアあふれる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の2014年物理学賞を受けた北里大の馬渕清資教授(63)が1日、相模原市の大学キャンパスで記念講演し「バナナの皮を踏んで転ぶギャグは、世界共通の笑いの種だから受賞できた。運が良かった」と喜びを語った。

 馬渕さんは人工関節の研究が専門で、関節の摩擦の小ささとバナナの皮の滑りやすさは同じ仕組みと考えたという。「周知の事実として滑りやすいとされているのに、誰も学術的に証明していなかった」と話した。

 自らバナナの皮を踏んで摩擦係数の測定実験を繰り返し、粘液を含むバナナの皮の上は通常の床より6倍滑りやすくなることを実証した。

 米ハーバード大で9月に開かれた授賞式で、さびの部分まで歌わせてもらえなかったという研究内容を説明した替え歌の完全版も披露し、集まった学生ら約220人の笑いを誘った。

このバナナの滑り止めを依頼されたら難題となりそうですね(笑)

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性
弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/
弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。 滑りやすい床材でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622 FAX 0725-40-3623 mail info@t-ground.co.jp

雪道で滑って転ばない歩き方。

普段、雪の降らない地方で雪が降ると、転倒事故の相談が何件かありますが、「弊社の工法では、雪や凍結した道の上ではどうしょうもありません。」とお答えするしかないので、その時は歩き方のアドバイスだけさせていただきます。今回はその時お伝えする、雪や凍結している所で滑って転ばない歩き方を防滑コンサルタントとして文章にまとめてみました。

1. 歩幅を狭くして歩く
歩幅が大きくすると足を高く上げなければなりません。そうすると、体の揺れが大きくなってバランスを崩しやすくなり、転倒に繋がってしまいますので、歩幅を狭くして歩きましょう。また、カバンやハンドバッグなどを手に持つのもバランスを崩す原因となるので、リュック(バックパック)をお勧めします。
2. 靴の裏全体を地面につけて歩く
できるだけ足の裏全体をまっすぐ路面につける気持ちで歩きましょう。かかとから足をつけるよりも設置面積が大きくなり滑りにくくなります。
3. 一定のリズムで歩く
一定のリズムでゆっくり止まらず歩きましょう。雪道では、止まったり歩き始めたりする時に一番転びやすくなるので、立ち止まらずゆっくり歩くことを心掛けましょう。

以上ですが、この文章を読んでいて何かの動物が頭に浮かびませんでしたか?
そうです、雪道歩きのプロフェッショナルのペンギンです。
雪道や凍結した所を歩く時は、ペンギンのように歩くことで滑ることなく歩くことができるのです。また、雪や凍結でなくても、雨などで濡れると滑りやすくなるタイルや磨きの石材(御影石、大理石)の上を歩くときにもペンギン歩きをしましょう。
(タイルや石材の滑り止めは可能ですので、弊社にお任せください!)

皆様、ペンギン歩きで雪道もご安全に!!

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性
弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/
弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。 滑りやすい床材でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622 FAX 0725-40-3623 mail info@t-ground.co.jp

 

 

バナナの皮はどのくらい滑りやすいのか?「雪や氷に匹敵する」

2014年01月31日 12時14分提供:マイナビウーマン

落ちていたバナナの皮を踏んで転ぶ。古典的な映画やドラマで数多く採用されているこのシーンこそ、ギャグの神髄と呼ぶべきだ。

バナナの皮ぐらいで転ぶはずがない!と思っていたが、驚くことにスキーよりも滑りやすい。新鮮なバナナの皮をきれいにならべておけば、お約束の転倒シーンが再現できそうだ。

■雪より滑るバナナ

バナナで転ぶネタの起源は、喜劇王・チャップリンの「アルコール先生海水浴の巻」で世に広まったとする説が強い。セリフを使わないサイレント映画だけに、説明不要の一発ギャグが豊富に盛り込まれ、バナナで転ぶシーンは当時も人気を博したに違いない。

物体同士がこすれ合うと摩擦が起きるのはご存じの通りで、この大きさは0から1の摩擦係数であらわされる。例えば100kgの物体を真上に持ち上げるには100kg分の力、つまり100kgf(キログラム重)が必要だが、滑らせた場合はもっと少ない力で移動できる。

水平方向に動かす力=重量×摩擦係数となるので、重くて持ち上がらないタンスも、床の上を滑らせれば簡単に動かすことができる。値が小さいほど滑りやすく、軽い力で物体を移動できるのだ。

機械工学便覧から、身近な物質の摩擦係数をあげると、

・鉄vs鉄 … 0.52

・レンガvsレンガ … 0.6~0.7

・ゴムvsゴム … 0.5

・鉄vs氷 … 0.027

・スキーvs雪(0℃) … 0.08

となり、雪の上でスキーをはいた状態なら、体重100kgの巨漢も8kg分の力で動かすことができる。

バナナの皮の摩擦係数はどのくらいなのか?そんな研究結果があるはずもないと思っていたところ、予想に反して大マジメなデータが存在した。日本トライボロジー学会の資料によると、床材リノリウムと靴底の間に挟んだバナナの皮の摩擦係数は、

・バナナなし … 0.357

・古いバナナ … 0.076~0.158

・新鮮なバナナ … 0.045~0.101

で、条件の良いバナナを選べばスキーより滑りやすいことが分かった。

ありがとうチャップリン。長年憧れ続けていたあのシーンが再現できそうだ。

■滑って転んで大成功

バナナの皮はなぜ滑るのか? これは実と触れている内側によるもので、多量の糖分が含まれたヌルヌルが滑りやすさを生み出しているからだ。バナナの鮮度によって摩擦係数が異なるのも水分の差で、古くなると水分が減り、皮の内側のヌルヌル効果が低下してしまうためだ。

また、何回も踏むと摩擦が増えてしまうとのデータもあり、これも理由は同じだ。

確実に転ぶためには、靴底が床に触れてしまわないよう、なるべく広い面積に皮を敷き詰める必要がある。一般的には皮を3~4分割して食べ、残った皮は一端がつながった「タコさんウィンナー」状態になっているが、これでは靴底がヌルヌルに触れない部分が生まれてしまい効果が薄れてしまう。

きちんと切り離して面を揃え、きれいに敷き詰めておこう。

みごとに転ぶため3カ条は、

・新鮮なバナナを用意する

・靴底よりも広い面積に皮を敷き詰める

・一度踏んだ皮は再利用しない

で、これで雪や氷に匹敵する摩擦係数0.045の世界が味わる。

滑る場所を大股で歩くと転びやすいのは、重心が大きく移動するのが原因だから、逆に利用すればさらに転びやすくなる。歩幅を広く少し速足で歩きつつ、バナナに気づかないように振る舞うのがポイントだ。

いざバナナを踏む瞬間は、靴底が均等に触れるようにして、一気に全体重を預け、ステン!と転べば一件落着だ。

■まとめ

古典ギャグに科学的根拠があると知り、胸のつかえが取れた。

本物のバナナで作ったバナナボートはボブスレー並みの速度が出るのだろうか。新たな疑問が生まれてしまった。

(関口 寿/ガリレオワークス)