20歳女「車に拉致された」とウソ通報

パトカー接触事故のきっかけは、「イタい女」の虚偽通報だった…。19日夜、愛知県の無職女(20)が堺市内から、見知らぬ男の車に拉致されたという趣旨の110番。それを受け、一大事とばかりに緊急出動した大阪府警の覆面パトカーが、バイクと接触する事故を起こしてしまった。しかし女はその後、「けんかした彼氏の気を引くため」にうそ通報をしたと自供。とんだ迷惑をこうむった大阪府警では、女を軽犯罪法違反の疑いで調べている。

 大阪府警西堺署や北堺署などの調べによると、19日午後8時50分ごろ、堺市北区金岡町にいるという女から携帯電話で「(同区の南海電鉄)中百舌鳥(なかもず)駅近くで、知らない男に声をかけられて車に無理やり押し込まれ、胸などを触られた」という内容の110番通報があった。重大な拉致&わいせつ事件の可能性があったため、府警では複数のパトカーを緊急配備した。

 しかし、緊急走行中だった1台の覆面パトカー(普通乗用車)が、同午後9時14分ごろ、堺市西区北条町の「北条町1丁」交差点で、同市在住の男子専門学校生(18)が運転する25CCバイクと接触。バイクは前輪がパトカーの右側面後部にぶつかって転倒し、専門学校生は右足と右腕などに全治10日~2週間の切り傷などを負った。

 同交差点は府道が交わっている。覆面パトカーは西から東に向け、サイレンを鳴らしつつ赤信号を一時停止して安全確認後、通過しようとし、バイクは南から北に向けて走行していたという。

 その後、府警の警察官が女の元に到着。詳しく事情を聴くと、通報にはつじつまが合わない点がいくつもあることが判明した。北堺署に任意同行を求め、さらに話を聴くと、女はあっさり自作自演の「虚偽通報」だったと自供。実際、拉致被害などはなく、女は「大阪に住む大学生の彼氏とけんかし、彼氏の気を引きたくて虚偽の110番通報をしてしまった」という趣旨の説明をしたという。

 女は現在無職で、愛知県在住。自宅で姉とけんかした後、大阪の大学に通う交際相手の男性に会うため19日、大阪入り。なぐさめてもらおうと、男性に姉とのけんかを打ち明けたが「お前が悪い」とかばってくれなかったため、男性ともけんかに。その後1人になった時、男性との「思い出の場所」という中百舌鳥駅近くに行き、迷惑極まりない「自作自演」を思いついたようだ。

 府警ではこういった供述そのものが真実なのかどうかも含め、軽犯罪法違反(虚偽申告)容疑での書類送検を視野に入れ、詳しく調べている。

2件のコメント

  1. はじめまして。
    この時バイクに乗っていて事故にあった者です。
    もう5年も前の話ですが、ふと思い出して検索しここに至りました。

    今でも通報した女性を許せません。
    警察も許せません。
    事故を起こしたことに私の責任がないとは思っておりませんが、そもそも嘘の通報をしなければ起こっていなかったはずです。
    警察には緊急走行中だからと、悪いのは100%私という扱いを受けました。

    関係のない話かもしれませんが、整備士育成の専門学校は事故や違反に厳しく、私は学校からの罰則を受けたりもしました。

    なによりも、事故を起こしたことで、私が高校卒業すると同時に癌で亡くした父に通学用にと、最後に買ってもらった88年式のNSR250Rというバイクが全損となり、誰からも何も保障されることはありませんでしたし、通学も困難となったのです。

    私に過失がないのは承知ですが、いまでも本当に悔しくてなりません。

  2. 最後の一文に間違いがありました。
    私に過失がないわけではない
    です、失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA