高齢者転倒防止へ住宅改修費を助成/観音寺市

四国新聞社 2013/05/10 09:42

 観音寺市は、市内の75歳以上の一人暮らし世帯や75歳以上を含む高齢者だけの世帯を対象に、手すりの取り付けなどの住宅改修費用を助成する制度を設け、受け付けを始めている。高齢者の転倒を予防し、医療費を抑制するのが目的。市町単独でこうした制度を創設するのは、県内では例がないという。

 市によると、寝たきりや介護が必要となった高齢者の約2割が転倒による骨折が原因という。そこで転倒を未然に防ぎ、高齢者が住み慣れたわが家で生活が続けられるよう、制度を設けることにした。

 対象となるのは、手すりの取り付けのほか、床段差の解消、滑りにくい床や通路にするための材質変更などの改修。1世帯1回限りで、4万5千円を上限に費用の9割を助成する。要支援・要介護者がいる世帯や他の公的助成を受けて住宅改修をしている世帯は対象外。市は対象者を約2600人と見込んでいる。

 市は毎年、65歳以上を対象に「1年間に転んだことはあるか」などの調査を実施しており、「心当たりのある人や転倒に不安のある人は、積極的に制度を活用してほしい」と呼び掛けている。

 申し込み、問い合わせは市社会福祉課高齢者福祉係〈0875(23)3968〉。

光明池大橋遊歩道タイル床の滑り止め。

和泉市光明台の光明池大橋遊歩道タイル床滑り止め施工を4月23日にスリップアウト(ME工法)で施工しました。

 

この遊歩道のタイルはスロープになっているため、横方向に溝がある凸凹のタイルが使用されています。
このタイルは柔らかいゴム底の靴ならば食い込み滑りませんが、スポーツシューズ等の合成樹脂・ウレタンや革底のように硬い底の靴は靴底が食い込まず、接地面積が少なくなり滑りを助長して危険なタイルになります。
そのため、利用される人たちが雨の日に頻繁にスリップ転倒されるので、今回の施工にいたりました。

この工法の最大の特徴は元の状態と全く見た目が変わらないのに、床材が水に濡れた時に滑り止め効果を発揮するというところです。

これで光明池大橋の遊歩道を利用される方々も、もう安心して通行して頂けます。

よかった、よかった(笑

スリップアウト http://yuka-suberidome.t-ground.co.jp/?page_id=20

倒事故撲滅!! 防滑施工の重要性

弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/

ラポートデイサービスセンター様の浴室床タイルの滑り止め。

大阪府泉佐野市長滝にあるラポートデイサービスセンター様の男女お風呂(浴室)床面タイルにスリップアウト(ME工法)で滑り止め加工を4月3日に行いました。

この工法の最大の特徴は元の状態と全く見た目が変わらないのに、床材が水に濡れた時に吸盤状態になり滑り止め効果を発揮するというところです。

ここラポートデイサービスセンター様では、デイサービスを利用される方も滑っていましたが、それよりも介助される職員の方々が、利用者の方を抱えたりする時に、足元が滑って危険だという事で、今回の施工に至りました。

これで、ラポートデイサービスセンター様で、お風呂を利用されるお客様はもちろん、職員の方々も安心して介助して頂けます。

よかった、よかった(笑

※今回のタイルは滑りやすいタイルだったのですが、滑りにくいタイルを使用していても「滑って困っています」という相談をよく受けます。
その際に内容をお聞きすると、どこの施設の方々も基本的に掃除の方法・使用する洗剤等が間違っている事がほとんどです。
弊社は無料で、滑り止めのコンサルタントとして掃除の方法・使用する洗剤の種類等をアドバイスいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談窓口
お問い合わせフォーム http://www.t-ground.co.jp/mailform1/mailform.html
お電話 0725-40-3622
FAX   0725-40-3623
         

スリップアウト http://yuka-suberidome.t-ground.co.jp/?page_id=20

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性

弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/